Lives Connect

暮らしに役立つ生活情報や豆知識を提供するサイトです。

お歳暮 年末年始

お歳暮をやめたい時どうしたらいいの?マナーと方法を教えます

投稿日:

毎年贈っているお中元やお歳暮をやめることは勇気がいりますよね。

お歳暮は、日頃の感謝の気持ちを贈りものにして表しているので、
誰に贈るのか、それをいつまでに贈るのかというルールについては
明確にされていません。

このため、「もう贈らなくてもいいのではないか」という考えと、
「まだ贈らないといけないのではないか」という考えは、
個々の考え方によって随分と開きがあります。

贈り続ける上では問題もありませんが、やめるとなると、
失礼に当たらないようにする必要がありますよね。

ではどうしたら失礼にあたらず、
「お歳暮をやめることが出来るのか」といった方法を提案いたします。

スポンサーリンク
  

お歳暮をやめるときのマナーについて

お歳暮をやめるときのマナーについて考えてみます。

一年でお盆と暮れに、日頃の感謝の気持ちや健康を気遣う事を
「形」にして伝えるのが「お中元」と「お歳暮」です。

この心のこもった「形」で相手に気持ちを伝えているのですが、
「今年はお世話になったから」という理由で1回だけ贈るのであれば、
それはお歳暮ではなく「お礼」として贈るのが正しい贈り方です。

そうではなく、習慣的に贈るのがお歳暮です。

そのお歳暮をやめるにはどうしたら良いでしょうか。
やめる理由も幾つもあるでしょう。

まず、
「付き合いが疎遠になってしまった」場合や
「もう十分に気持ちを伝えた」と思うなら、
思い切ってやめてしまう方が良いでしょう。

一番失礼なのが、虚礼になってしまうことです。

くれぐれも「感謝」を形にするために送っていることを考えておきましょう。

例えば、結婚した時の仲人にお歳暮を贈っている方は、
一般的には3年が目処になっています。

次に、お中元とお歳暮でやめるならどちらかについてご紹介します。

今まで年に二回贈っていたのに、
いきなりどちらも止めてしまうのは相手も気になってしまいます。

マナーとしては、お中元だけを贈るのはあまり良くない贈り方です。

お中元を贈るなら、お歳暮も贈るのがマナーです。

どちらかだけにしたいと思うなら、お歳暮だけを贈る方が正しいマナーです。

スポンサーリンク

お歳暮は一年の締めくくりであるため、
今年の感謝と来年への挨拶も込めて贈られるものをいいます。

そのため、お歳暮はお中元よりも重要視される傾向にあり、
どちらか一方をやめるのであれば、お中元をやめることがマナーとされています。

お歳暮をやめるにはどうしたらいいの?

それでは、お歳暮を贈るのをやめるのに気まずくならないための
方法をご提案します。

今まで滞りなく届いていたものが、突然届かなくなると
「何かあったのかしら」と、気になってしまいますよね。

それは疎遠になった方でも同様でしょう。

「毎年届いていたのに、何の前触れもなく今年は届かなかった」とすれば、
「何故届かないのですか?何かありましたか?」とはなかなか聞きにくく、
少し気まずい思いが残ってしまいます。

こんな思いをしない、させないためにも、
兆しをみせながら止めていくことが良い方法でしょう。

つまり、少しずつ減らしていくという方法です。

実際に贈りものとしての挨拶の形は無くしても、
暑中お見舞いや、年賀状での挨拶は続けましょう。

元気であるという挨拶だけでも、便りが届くことはお互いに嬉しいものです。

やめるまでの流れとしては、

一年目ではこれまで年に2回、お中元とお歳暮を贈っていたのであれば、
お中元は贈らずに暑中見舞いだけを出し、お歳暮は今まで通りに贈ります。

2年目では、お歳暮の金額を例年よりも低く抑え、
5,000円の品物を贈っていたところを、3,000円程度にするなど変化をみせます。

3年目ではお歳暮も贈らずに、年末の挨拶状を贈ってその年の感謝を伝えます。

このように、
段階を踏むことで徐々に失礼が無くお歳暮をやめることが出来ます。

まとめ

お歳暮の習慣を始めてみると、どこまでの関係の人に、
いつまで贈れば良いのか、といったことで頭を悩ませてしまうこともあります。

家族のライフステージの変化にともなって、
子供の習い事などで当時はお世話になっていた方々とも、
現在では全く付き合いがないという関係もあるでしょう。

自分が贈る立場であれば、
少しずつ段階を踏みながら贈ることをやめていくということになります。

逆に、自分が疎遠になっている方から贈られる立場であるなら、
お礼状を出す際、これまでのお礼を述べた上で、
次回からは辞退したい旨を書き添えて送ることが良いでしょう。

お歳暮は形であっても心を伝えるものです。

お歳暮を贈らなくなっても気持ちだけは忘れずにいることが
相手に伝わると良いですね。

スポンサーリンク

-お歳暮, 年末年始

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お年玉は大学生にあげるべき?気になる金額の相場は?

お正月に皆で集まった時には、 子供にお年玉をあげるのが恒例ですよね。 では、お年玉は何歳まであげるべきなのでしょうか? また、中学生や高校生くらいであればまだしも、 大学生や成人した新社会人にあげる必 …

年賀状に添える一言メッセージの書き方と文例(親戚・会社・友人など)

スポンサーリンク いざ年賀状を書こうとしても、何を書いていいのかわからない。 そんなあなたに、 「今さら聞けない」年賀状の基本と喜ばれるメッセージを、 文例を挙げて紹介します。 スポンサーリンク

忙しい年末の挨拶メールを賢くこなすための書き方と文例をご紹介

早いものでもう年末間近。 スポンサーリンク 年末年始は何かと忙しく、やる事が山積みですよね。 中でも悩みの種が年末の挨拶メール・・・。 本当は一通一通丁寧に書きたいところだがそんな時間もない。 そもそ …

【すぐに使える!】お歳暮のお礼状の書き方とテンプレートをご紹介

年の瀬のご挨拶として贈られてくる「お歳暮」。 頂いたら嬉しいけれど、お礼状はどうしよう、 と困ってしまいませんか? スポンサーリンク 贈られた相手によって内容も変わってきますし、何と言ってもスピードが …

忘年会・新年会の出し物で絶対に盛り上がるネタ厳選15選【2018年】

忘年会や新年会などで悩みの1つが出し物のネタ探しではないでしょうか? 今回は誰でも気軽に盛り上がれて手軽に始められるものから、 あっと驚くとっておきの鉄板ネタまで、厳選した15選をご紹介します。 スポ …