Lives Connect

暮らしに役立つ生活情報や豆知識を提供するサイトです。

仕事術 例文

社会人なら身に付けたい「文章力を向上させる」方法

投稿日:2019年8月29日 更新日:

文章作成は仕事の基本ですよね。

論理的な内容を正確に伝達し、
残しておくためには、やはり文章が一番です。

現代人は書くことが苦手といわれますが、
考えてみれば毎日の業務日誌やメールのやり取りも同じこと。

文章を書かない日など、
一日もないといってよいかもしれません。

本記事では文章作成力を向上する方法を
紹介しています。
ぜひこの機会に文章作成力に磨きをかけてみてください。

スポンサーリンク
  

日頃からインプットとアウトプットの練習をする

文章をスラスラ書けない理由の1つは、
文章を書こうとしているジャンルに対して

「①言語化できるほどの知識がない」
「②言語化できるほどちゃんと理解していない」

という場合もあるのです。

言語化して文章化出来ない原因は、
その事柄に対する理解が曖昧であることも
挙げられるのかもしれません。

そのためまずは、
「書く事柄」に関するインプットから
始めることが重要です。

インプットを行っていくには、
インターネットで検索し情報を調べ、
関連書籍を読み、詳しい人に話を聞いて・・と、
文章を書こうとしている事柄に関する情報に、
どんどん触れていくことで得られます。

そして、知り得た情報をどんどんアウトプットすることが
理解を深める助けになります。

得た情報に関して、
友人などと話し合ってみることも大事だったりもします。

説明することで、アウトプットを行うわけです。

スポンサーリンク

出来るだけ沢山の本を読む

文章力を磨くには、本を沢山読むのも効果的です。

本を読まずに文章力を付けることは不可能
といってもいいぐらい大切です。

文章は模倣です。

いい文章を沢山読むと、
頭の中で文章の模倣が始まります。

それを繰り返していると、読解力も文章力も向上します。

悪い文章を読むと悪い文章しか模倣できません。

いい文章を読むといい文章が書けるようになります。

いわゆる名文です。
だから名文家の文章を読むのが良いです。

夏目漱石、森鴎外、志賀直哉、芥川龍之介など、
こういう作家の作品を読むと良いでしょう。

それから、
論理的思考力を鍛えるために新聞の社説を要約する
という作業もお勧めです。

社説というのは高度な話題が、端的にまとまっていて、
論理構造もはっきりしています。

それを読み解いて更に要点を絞り込んでまとめることで、
効率的に論理的思考力、文章力を訓練することができます。

出来るだけ短い文章で書くことを心掛ける

良い文章の基本は短文にあります。

短い文章をテンポよく連係させることで、
メッセージは読み手にわかりやすく伝わります。

短い文章を書くことの大切さと、
その際に気をつけることは、
重複していることや自明の内容などを省略すると
文章が短くなり、全体がすっきりします。

スポンサーリンク

-仕事術, 例文

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スキルアップ】仕事でミスをしないようにするにはどうしたらいいの?

スポンサーリンク その仕事を始めたばかりでもないのに、 いつも同じようなミスばかり繰り返す人、 あなたの職場にもいませんか? 毎回のようにミスを繰り返されると、 フォローする側も大変ですよね。 そこで …

2月の手紙に使える季節の挨拶文・時候の挨拶文の書き出しと結びのまとめ

季節の挨拶、時候の挨拶は、手紙の前文で頭語 (「拝啓」など)に続く書き出しの言葉です。 四季の豊かな日本ならではの習慣ですよね。 本記事では、2月に出す手紙の書き出しと、 結びに使える文例をご紹介しま …

1月の手紙に使える季節の挨拶文・時候の挨拶文の書き出しと結びのまとめ

季節の挨拶、時候の挨拶は、手紙の前文で頭語(「拝啓」など)に続く書き出しの言葉です。 四季の豊かな日本ならではの習慣ですよね。 本記事では、1月に出す手紙の書き出しと、結びに使える文例をご紹介します。 …

3月の手紙に使える季節の挨拶文・時候の挨拶文の書き出しと結びのまとめ

季節の挨拶、時候の挨拶は、手紙の前文で頭語 (「拝啓」など)に続く書き出しの言葉です。 四季の豊かな日本ならではの習慣ですよね。 本記事では、3月に出す手紙の書き出しと、 結びに使える文例をご紹介しま …

結婚式で上司としてスピーチするときの例文・文例まとめ

結婚式のスピーチを成功させるために一番重要なことは、 話す内容を前もって準備すること、 練習することです。 話すことに苦手意識がある方、 緊張してしまう方、 上司として新郎新婦のおふたりにとって印象に …