Lives Connect

暮らしに役立つ生活情報や豆知識を提供するサイトです。

健康 悩み

食べていないのに太るのは何故?痩せたい特に40代は必見の食のコツ

投稿日:

40代になると、気になり始める体型。
「食べていないのに太る」と思いがちですが、
実は間食や食べ方に問題がある可能性が高いです。

正しいダイエットのコツ、
糖質制限・脂質制限の選び方とメリット・デメリット。
ダイエット中に食べてはいけないもの、
逆に控えると太りやすくなる食べ物など、
健康的な40代でいるための食べ方のコツをご紹介します。

スポンサーリンク
  

食べていないのに太るのは思い込み!

40代の人と話をしていると、
「食べていないのに太るんです!」
という発言をよく耳にします。

人間の体はエネルギーの「IN」と「OUT」の
バランスで成り立っていますので、
「IN」がないのに太るということはあり得ません。

そのため「食べていないのに太る」
というのは思い込み。間違いなく食べています。

それでも、

「40代になってから食べる量を
    制限しているのに太るんです!」

という声が多いのは、
本人は制限しているつもりでも、
やはりエネルギーの「IN」と「OUT」で
「IN」のほうが多いからでしょう。

ありがちなのは「糖質制限をしているので、
夕食で白米は食べません」と言いつつ、
夕方に同僚とおやつにクッキーを食べている。

とか
「果物は健康にいいんですよね?」
とテレビを観ながらみかんをほお張り、
いくつ食べたかさえも忘れてしまっている……

といった状況。

本人は「食べる量を制限している」

でも、実際には「つもり」

でしかないという現象が起こります。

まずは、
「3食の食事以外の時間に食べていないか」
を客観的に見直してみましょう。

かなりの割合でここに「太る原因」が隠れています。

食べる量をコントロールする方法

上記のような「時間外に食べる」ことを止めれば、
たいていの場合、体重は落ちてきます。

体重が下がれば、体が軽く感じられ、
活動量も増えて若さを取り戻す人が多いようです。

しかし、
それでも思うようにダイエットできない人は、
次のステップに移る必要があります。

まずは、
本当に自分の体に見合った量を食べているか、
どうかを確認しましょう。

スポンサーリンク

できれば仕切りがついている皿を使って、
見た目の割合が、
「主食:主菜:副菜=3:1:2」
の割合になるように、料理を盛り付けます。

3:1:2の割合に盛り付ける方法は本来、
お弁当箱で行う方法ですが、
300円程度から売られている仕切りのついた皿でも、
十分代用ができます。

盛り付ける際は「山盛り」にはしないことが大切。

栄養バランスも大切なので、
色彩も含めて「インスタ映え」するような、
盛り付けを目指してみてください。

ダイエット中でも減らすと太る食べ物

そして最後に、
ダイエット中でも制限してはいけない食べ物について、
ぜひ知っておいてください。

自動車を例に考えてみましょう。

自動車はガソリンをエネルギー源として動きますが、
スムーズに精巧な動きをするためには、
それぞれのパーツをスムーズに動かすための、
潤滑油が必要になります。

これを人間の身体に置き換えると、
ガソリンに当たるのは、
炭水化物、たんぱく質、脂質です。

それでは「潤滑油」はというと、
ビタミンとミネラルがこれに当たります。

実は、ダイエットしたいからと言って、
むやみに食べる量を減らせばよいという考えは大間違い。

ビタミンやミネラルが不足すると、
せっかく摂った栄養を、
体の中で効率よく利用できないため、
使わない栄養素を脂肪として、
溜め込もうとするはたらきが起こり、
肥満になりやすくなります。

それでは、ビタミンやミネラルは、
どんなものに含まれているかというと、
野菜類や海藻類、きのこ類といった食べ物です。

これらは味付けに気をつければ、
さほど制限する必要はなく、
むしろダイエット中でも積極的にとりたい食品です。

まとめ

20代、30代のダイエットは、
「リバウンドしたらまたやり直せばいい」
といった気軽なものが多かったかもしれません。

しかし、
40代にもなるとリバウンドすれば、
元に戻すことは難しくなります。

さらに、リバウンドした際に体型が崩れ、
おなかがぽっこり出てしまうことも珍しくありません。

おすすめしたいのは、
「太らないための」ダイエットです。

痩せようと思うからダイエットがつらいので、
最初から太らないことを目指すのです。

そのためには、
常に「緩やかなダイエット」
を続けていく必要があります。

理想は「体によいと聞いて、始めてみたら、
いつの間にか習慣になっていた」というくらい、
生活に取り入れやすい内容であること。

地道に見えるものでも、
着実に長続きすることが大切です。

ぜひ取り入れやすい健康習慣を探してみてください。

スポンサーリンク

-健康, 悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チョコは太らないって本当?嘘?秘訣は種類と食べ方にあり!

スポンサーリンク さて大人気のチョコ。 ついつい食べてしまいがちですよね。 でも、食べると太るのではないかと 心配する人も多いと思いのではないでしょうか。 意外なことに、チョコレートには 太りにくい食 …

【ウィルスの寿命】体外のウィルスの生存期間はどのくらいなの?

スポンサーリンク ウイルスは、人や動物の細胞内でしか 生存や増殖が出来ません。 咳やくしゃみなどで体外に出たウイルスは、 誰かに感染して細胞内に入らない限り生き残れない。 では、そんなウィルスの寿命は …

退職する時に使える一言挨拶の例文を退職理由別にご紹介!

退職する際にはどのような挨拶や、スピーチをすればよいのでしょうか? お世話になった周囲の人に上手にお礼の気持ちを伝え、気持ちよく次のステージに踏み出したいものですね。 転職・定年退職・結婚退職など、退 …

お酒に酔わない方法や飲み方ってあるの?すぐに試せる方法3選

スポンサーリンク お酒に弱いと、 飲み会に誘われたけど、お酒に強くないので、 悪酔いすると嫌だなぁ…と、 心配してしまう人もいるのではないでしょうか? そこで、本記事では、お酒に酔いにくくなる方法や、 …

「春だけじゃない!」秋の辛い花粉症の時期と対策とは?

花粉症と言えば春のスギ花粉症をイメージされる方が多いのではないでしょうか。 ところが、花粉症は秋にも発症します。 「秋の花粉症」とはどういうものなのでしょう? 今回は秋の花粉症の特徴や、春の花粉症との …