Lives Connect

暮らしに役立つ生活情報や豆知識を提供するサイトです。

健康 食品

チョコは太らないって本当?嘘?秘訣は種類と食べ方にあり!

投稿日:

さて大人気のチョコ。
ついつい食べてしまいがちですよね。

でも、食べると太るのではないかと
心配する人も多いと思いのではないでしょうか。

意外なことに、チョコレートには
太りにくい食べ方があるのも事実です。

これが事実なら気になりませんか?

というわけで本記事では、
チョコの太らない食べ方について3つご紹介します。

スポンサーリンク

チョコレートの歴史

チョコレートは紀元前1,500年前ごろに、
オルメカ文明が初めてカカオを利用したと言われています。

その後、マヤ文明でカカオの栽培が始りました。

マヤ文明ではカカオは貨幣として使用され、
上流階級の結婚式では、
カカオ飲料が現在のシャンパンのような役割をしていたと推測されています。

その後、コロンブスがヨーロッパへ伝え、
スペインへも伝わりました。

とても高価だったカカオですが、
スぺインが領土を植民地化したことで、
カカオの循環経路が作られて大衆化していきました。

1522~1524年ごろ新スペインに砂糖が入ってきて、
チョコレートは甘い飲み物になりました。

①太りにくいチョコを選ぶ

チョコレートの原料がカカオ豆だというのは有名なので、
ご存知の方も多いと思います。

チョコの原料なので甘そうな感じもしますが、
カカオというのは本来非常に苦いものなのです。

この苦味を抑えるために、砂糖やミルクや油脂を
たっぷり加えたものがいわゆる市販のチョコなんです。

チョコレートの正体は、
元々苦いカカオに、沢山の甘味料を加えたお菓子です。
まあ太りますよね。
カロリーお化けですよね。

そこで太らないチョコ選びのポイントは、
高カカオのチョコです。

商品の裏面を見てみてください。
次のような表記がありませんか?
・カカオマス
・砂糖
・ココアバター
・粉乳

これに油脂・乳化剤・香料・甘味料などが入ると添加物が入っています。
価格が安いチョコには、
これらの添加物がはいることが多くなりますので、
栄養効果を高めるなら、入っていないものを選びましょう。

最近ではカカオの含有量を表示している商品がたくさんあります。
カカオ含有量が高いほうが栄養素が取れやすいため、
カカオ含有量が高くて添加物が少ない上質なものを選ぶとよいいでしょう。

カカオが高濃度で含まれているチョコは、
その分砂糖などの糖分が少なくなります。

スポンサーリンク

同時に、カカオが多い程苦くなってしまうのは、ご想像の通りです…

カカオ自体にも、多くの脂質が含まれていますが、
カカオの脂質というのは、とても良質なものになっています。

食べても吸収されにくく、
体への蓄積も少ないそうなので気にするほどではないです。

苦味と甘みのバランスでおすすめなのは、
カカオ70%以上のチョコです。

ちょっと苦いと思いますが、
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

②食べる時間を意識する

好きなときに、
好きなだけ食べるのは、これはNGです。

チョコを食べるのは、
食事の前か後が良いですよ。

人は食事をすると食べた栄養を吸収しますよね。

食べ物を吸収すると血糖値が上昇します。
この上昇の仕方が急な程、
後でとてもお腹が空きます。

そしてお腹が空くと、
間食や暴食をしてしまうのです。

チョコに含まれる
カカオポリフェノールには、
この血糖値の上昇を
抑えてくれる効果があります。

血糖値の上昇が少ないと空腹感を感じにくく、
食べ過ぎを防げるのです。

理想的なのは、食事前20分くらいに
チョコを少し食べておくことです。

また食事後に、物足りなさを感じたときには、
チョコを食べて空腹感を抑えるといいでしょう。

③食べる量を意識する

どんな食べ物でもそうですが、
食べ過ぎは良くないですよね。

特に間食は太る原因といわれてます。

厚生労働省によると、
1日の理想的な間食量は200kcalまでだそうです。

ですので、
カロリーをチェックして
200kcal以内に
抑えられるようにすれば

「チョコを毎日食べてもいい!」

といえるということです。

因みに、日本チョコレート・ココア協会の見解では、

「チョコは同じ量の油脂を含む
他の食べ物と比べて太りにくい」

と考えられています。

またカカオポリフェノールには
空腹を抑える以外に体に脂肪がたまるのを
防ぐ効果もあると言われています。

チョコは基本的に太りにくい+脂肪をためさせない、
食べ物なので、1日の目安量をちゃんと守れば
我慢し過ぎる必要もなさそうですね。

まとめ

チョコレートとの上手な付き合い方は、
添加物の少ない上質なものを選んで、
少量を食べていくことが大事です。

【食べる量】
・一日に5~10g程度のビターチョコ又はココア1杯程度

【食べるタイミング】
朝:仕事前にひとかけらで集中力UP
スポーツ前:血流改善に効果あり
お腹がすいたとき:ヒトカケ でリラックス

カロリーが高く、
カフェインが入っているので食べ過ぎには注意してください。
適量が良いです。
板チョコ1枚は多いですよ。

スポンサーリンク

-健康, 食品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフルエンザと風邪の違いは?1分で分かる健康知識

インフルエンザと風邪は症状がよく似ているので間違えやすいですよね。 インフルエンザは10歳未満の子供の場合、重症化しやすいので注意が必要です。 子供が熱を出したとき、普通の風邪か、インフルエンザかを見 …

野菜を冷凍庫で簡単に美味しく長期に保存する方法のまとめ

野菜を買いすぎて、ついつい傷ませてしまうことはありませんか? スポンサーリンク 傷みやすい野菜ですが、冷凍保存することで長期に保存できるようになりますよ。 しかし、美味しく冷凍する際にはいくつか注意す …

「ウイルス」の正体って何なの?どうやって生きてるの?

スポンサーリンク 世界中で猛威を振っている新型コロナウイルスにより、 「ウイルス」という単語を耳にする機会が、 多くなりました。 そもそも「ウイルス」とは一体どのようなもので、 どのようにして生きてい …

風邪を引いたときに食べた方がよいもの、食べない方がよいものをご紹介

風邪をひいたとき、食欲がないからといって何も食べない方多いのではないでしょうか? しかしそんなときこそ、体力が消耗しているので、 しっかりと食事から栄養を摂取することが、体の回復を早めてくれるカギとな …

肩こりが酷い時に痛みを解消する効果のある入浴方法教えます。

スポンサーリンク 辛い肩こりに悩まされている人は多いですが、 お風呂できちんとケアしている人は意外と少ないのでは? コリの解消には「温めて血行を良くすること」 「筋肉をやわらげほぐすこと」が大切。 こ …